根来珈琲さんでチャチャを入れる

「風が秋色になってきたら、鶏肉をかじり一杯の旨い珈琲を飲むものなのだ」

かの有名な詩人、

富士木不二夫が言ったとか言わなかったとか。

 

シッチャカメッチャカの時には

チャンとしなきゃなどと思わず

加ト茶が刻む

チャチャチャのリズムで

フッカチャンと

ガッチャンと

チャールストンを踊るといい💃

 

アタタカメッチャカアタタカチャと体が熱くなる

チャイコフスキーを聴きながら

フォカッチャと珈琲を味合う✨

 

こんなステキな時間はないだろう👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)